~現役男子専門&大学生のめんどくさいブログ~ NIGHTsの居場所だZo☆

情報系専門学校に通いつつ、情報系大学の通信教育も受け、ダブルで卒業資格をとろうとたくらんでるやつのブログです。 セカオワやディズニーが大好物です。

α6000を手に入れたZo★

今日、届きましたよ!

α6000!!

f:id:Muramatu-Daisuke:20151009192116j:plainf:id:Muramatu-Daisuke:20151009192113j:plain

一眼レフにはできない本体のコンパクトさ、それなのに性能的には一眼レフに匹敵、もしくはそれ以上。

※レンズは普通サイズです。

最大の特徴はAF(オートフォーカス)が早いことですね。

世界最速AFというキャッチコピーの通り、ほんとに早いんですよ。

僕が世の中のカメラ全てのAF速度をチェックしたわけではないので本当に世界一かどうかは知りませんが、お店のデモ機で何度か試させてもらいましたけども、とにかく早い。

連写が気持ちいいです。

1秒間に最高約11コマとのことで、かなりすごいです。

もちろんピントが合ってなさすぎる状態から撮ろうとすると多少遅れますが、まぁ一眼レフやミラーレス界では世界一早いAFと言ってもいいんじゃないかってレベルです。

しかも位相差というピントを合わせられる点かな(?)それが179点もありまして、角のほうにピントを合わせたい対象物がいても対応できてしまうんですよ。

一般的なカメラですと、被写体を真ん中に持ってきてシャッターボタン半押しでピントを合わせ、位置を合わせてカシャッといったり、マニュアルで合わせたりなどだと思うんですが、

この子はそんなことしなくても自動的にやってくれちゃうんですよ。

動く被写体の場合なんかにとても便利です。


あとWi-FiNFCが内蔵されているのも助かりますね。

カメラにタッチして、写真をスマホに転送なんてことができちゃいます。

NFCは赤外線の代わりになるようなものですかね。


スマホなんかでも、赤外線が無い機種増えてきましたよね。

日本製の機種にはついてるのが当たり前だったんですが、最近搭載されていない。

赤外線でテレビ等のリモコン代わりにできなくなっちゃいますね。

僕はケータイから赤外線でプリンターに写真を転送するために使っていましたが、最近はどんどん写真のデータ量が増えて、赤外線では時間がかかりすぎるのであまり使ってないです。


なんかケータイの話になっちゃうんでカメラに話を戻しますね。

個人的なα6000の感想ですが、一般的なデジカメと一眼レフの良いところを併せ持ったようなカメラだと感じます。

素数も2000万画素以上ですし。

ただ一点不満な点がありまして、バッテリーのもちですね。

説明によると1回の充電で400枚近く撮れるそうですが、ディズニーでショーなんか見ると1回で100枚以上撮りますからね。

ちょっと少ないかなぁと感じます。コンパクトさとか考えると仕方ない気もしますけどね。

使ってみて必要性を感じたら予備バッテリー買おっかな...。


あともう1つ言うとしたら、昨日に対してボタンが少ない気がする。

そのため慣れないと難しい気がします。

いままで使っていた一眼レフ、EOSkissX5の方が簡単な気がしました。


あとドライボックスとかも買った方がいいかな。

除湿剤探したらこんな便利な物もあるんですね。

東洋リビング モバイルドライ 除湿ユニット MD-2

東洋リビング モバイルドライ 除湿ユニット MD-2



そしてツムツムでは新たなイベントが始まりました。

f:id:Muramatu-Daisuke:20151009132646j:plain

ボーナスステージ的なやつ、可愛いですね。



というわけで明日から3連休!

明日は歯医者へ定期検診!




ではでは!

マクロミルへ登録